DIYリフォームアドバイザーとは?

DIYリフォームアドバイザー®は、住宅のリフォーム・リノベーションをDIY型で行うときのアドバイザーであり、住宅建築に関する基礎知識を必要とするので、資格認定講座の受講には住関連資格保有が条件となっています。これらの資格を持っていない方は、入門付きDIYリフォーム資格認定講座を受講することにより資格を得ることができます。
認定試験合格者は、資格認定団体であるNPO法人住環境デザイン協会に登録され、「DIYリフォームアドバイザー®」資格証が発行されます。
DIYリフォーム研究会に入会できる!
DIYリフォーム研究会はDIYリフォームアドバイザー®資格保有者全員参加の研究組織で、事務局はNPO法人住環境デザイン協会内にあります。
研究会は、資格者の知識・技術能力の向上やDIY型リフォームの啓発・普及のために、DIY型リフォームに係る研究会やセミナー、技術講習会、ワークショップの開催ならびに関連情報の提供等の事業を推進します。会員は種々の特典を享受するとともに、DIY型リフォームによる人と地球に優しい住まいづくりに貢献できます。
※年会費は無料です。
DIY型リフォームとは?
DIY型リフォームとは、住まい手の意志(主導)でリフォームやリノベーション、コンバージョンの工事を行うことを意味しています。リフォームの対象が持家であっても借家であっても、戸建てであっても集合住宅であっても、住まい手の意志でリフォームを行うものはDIY型リフォームと呼びます。
DIY型リフォームの魅力!
リーズナブルに快適な空間が造れる
自然材料で人と地球に優しい住まいに変身
住まいに愛着がわきメンテナンスができる
なぜ今DIY型リフォームなのか?
今、生活者の中で「自分の理想とするライフスタイルを住まいで表現したい」という欲求が膨らんでいます。
DIYリフォームアドバイザーの活動領域
既存住宅のリフォームやリノベーションは、持家ばかりではなく借家でもDIY型がにわかに注目され始めています。そのため、DIYリフォームアドバイザー®が係る DIYリフォームの対象は持家だけでなく、DIY型賃貸借の借家も含み、それぞれ戸建もマンション(集合住宅)も対象となります。
持家だけでなく借家もDIYリフォームできる物件の普及が進められています!
※詳しくはこちらをご覧ください。